FC2ブログ
飽きっぽくて何をやっても中途半端。もう中年なのに子供ナシ、家ナシ、人脈ナシ、でも夢と希望はまだ捨ててない・・・ そんなサラリーマン失格男がまた転職、新しい仕事についた。今度はいつまで続くのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
転職キャリアブログへ
生産性の低い会議をする方法
この会社じゃいつものことだが、昨日はまたしても著しく生産性の低い会議だった。

よく言われる事だと思うし、っていうか、フツーの会社なら当たり前だと思うんだが、会議やら打合せをやるときには、まずその会議の主催者なりリーダーなりが、その会議の趣旨、アジェンダ、目的、時間、場所、必要な参加者などを決めるはず。

そして、その限られた時間の中で、事業上の意思決定をしたり、問題点を協議したり、あるいは何か創造的なアイデアを出すためのブレーンストーミングをしたり、するわけだ。
スポンサードリンク
ところが、ダメな会社(ウチがそう)では、趣旨、目的、アジェンダが曖昧、時間と場所だけしか決めずにやる。
結果的に、いつも時間が倍になったり、大した結論なり決め事なりができないまま、社員の時間(=人件費)を浪費するのだ。(こういう状況を避けるには、いろいろと予定を入れておくのがベストなのだが・・)

どうしてこうなるのか。結局、会議の主催者(昨日のは、シャッチョー!)に問題があるからである。

俺が何かの打ち合わせを開くときは、まず必要最低限な会議や打ち合わせしかやらない。
IT化の進んだ現在のオフィス環境では、たいていの業務連絡はメールや電話で事足りるのだ。

必要に迫られてフェース・トゥ・フェースの会議や打ち合わせが必要なら、当然ながら上記のように日時と参加者だけでなく趣旨とアジェンダ、目的もきちんと明確にしたうえでやる。
そうすれば、ダラダラと無駄に時間を失い生産性を落とすことなく仕事が進むのだ。

こういうビジネスのごく基本的なことを、この会社では、その最高責任者ができないのだ。
自分がこういうダメ会社にいることが嘆かわしいことこの上ない、っていうか、そのダメな人は反面教師だわな。。。
スポンサーサイト
転職キャリアブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。