FC2ブログ
飽きっぽくて何をやっても中途半端。もう中年なのに子供ナシ、家ナシ、人脈ナシ、でも夢と希望はまだ捨ててない・・・ そんなサラリーマン失格男がまた転職、新しい仕事についた。今度はいつまで続くのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
転職キャリアブログへ
似非コンサルは顧客の聞きたいことだけしか言わない
以前の投稿にも書いている通り、俺のいまの勤め先は似非コンサルティング会社だ。

俺がこんなことを言ってる(書いている)ことをもし上司や社長に知られたら、きっと怒られるだろーな、と思うが幸か不幸かこのブログはマイナーな存在だし、社名も公表などしていないので好きなことを書いても大丈夫だ(多分・・・)。

それに、俺もこの会社から転職か(願わくば独立)してあと一年もいるかどうか分からないし。

さて、今回の本題。
「似非コンサルは、顧客の聞きたいことだけしか言わない。」

言い換えると、コンサルティングのお客さんにとって耳障りなこと、耳の痛い厳しいことは言わず、目先のコンサルティングの売り上げだけ立てたいために、本当はどうあるべきか、問題解決のために何をどうすべきか、と言う本質を言うことを避けるということだ。

マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループ、といった外資系の一流コンサルティング会社であれば、もちろんコンサルティング・フィーもウチの倍いや10倍くらい取るだろうが、顧客のために本当に重要な戦略立案や分析結果を情け容赦なく伝えることだろう。(そして、それが彼らの仕事であるため、顧客に耳の痛いことを伝えても失注なんてする心配をしなくて良いはずだし、コンサルタントの誇りでもあるはず)

では、なぜウチが似非コンサルとしてこんな情けない業態で顧客と接しなければならないのか?
スポンサードリンク
[似非コンサルは顧客の聞きたいことだけしか言わない ]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:プロのお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

転職キャリアブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。